米国債利回り2年物10年物一時逆転 ダウ急落リセッション意識され

 

昨夜のNY市場は800ドルの大幅下落となりました。

アメリカの国債、

2年物と10年物の利回りが一時逆転したため、

リセッション入り(景気後退入り)が意識され

株価は急落しました。

これを受け

日経夜間取引も480円安となりました。

 

2年物と5年物の利回りの逆転現象は

昨年から頻発して続いていましたが、

10年物の国債利回りが2年物を下回るのは2007年以来。

2年物と10年物の利回り逆転は景気後退の先行指標として

市場関係者に意識されるため、警戒ムードが高まっています。

 

関連記事:

国債利回り比較チャートと時系列データ(2,5,10年物)安値ベース(2019.1以降ぶん)

国債利回り比較チャートと時系列データ(2,5,10年物)安値ベース(2018.12~2019.1)

 

人気記事