アメリカトランプ大統領9月1日より中国に10%の制裁関税発動

今年6月下旬に行われた中国習近平国家主席との会談。

その後、トランプ大統領は第4弾制裁関税の発動を当面見送ると発表していました。

 

しかし、今週行われた上海での閣僚級協議において

進展がほとんどみられなかったことから、

貿易問題で対立する中国からの輸入品、3,000億ドルに対し

10%の関税を9月1日より課すことを昨日

トランプ大統領はTwitterで発表しました。

 

これによりほぼ全ての輸入品が追加関税の対象となり、

中国の反発も予想されることから、

再度貿易摩擦の激化が懸念されています。

 

これを受けて、

昨夜のNYダウ平均株価は280ドル安、

日経の夜間取引でも400円以上下落しました。

 

 

 

人気記事