株式投資で成功する相場師の格言 心構え編6選

失敗を経験しない投資家はいません。そして成功する相場師の口から出てくる言葉は、そこに至るまでの挫折や紆余曲折を経て、自らを成功に押し上げた言霊が込められています。

今日はその中から、投資をする際の心構えに関する厳選した6選の格言をご紹介します。

 

1.蒔かぬ種は生えぬ

種を蒔かなければ芽は出てきませんし、何もしなければ良い結果は得られないという意味です。宝くじファンの方がよく言いますよね、「買わなければ当たらない」と。

ただし、この格言は、単に「投資で財産を増やそうと思えば株式を買わなければならない」、という意味だけではありません。株式を買うためには、相場がどうなるか、どんな銘柄を選択すればいいかなど、いろいろなことを充分に研究検討する必要があります。その、研究や検討にあてる努力のことを言っていると考えるべきです。

蒔かぬ(研究なしの)種は(選択は)生えぬ(実らない)

2.1つ目のボタンを間違えば、3つめのボタンが合わぬ

最初の出だしを間違うと、ずっと間違ったままいってしまうということを言っています。良い株を安値で買うことができれば、あとは成功したも同然で、どこで売っても儲けることができる。しかし最初の出だしを間違って、良くない株を高値で買ってしまうと、どこで売っても損してしまうということです。

また、株式相場には、銘柄の良し悪しのほかに、景気の先行きや金利、世界情勢、政治など、様々な条件を勘案する必要もあります。景気が下降線をたどっているときにはどんなに良い銘柄を選んでもダメな場合が多いです。「ボタンを正しくかける」ためには、そうした複数の条件を自分なりに研究検討して見定めていかなければなりません。

3.先んずれば人を制す

人より先に物事を行えば、有利な立場に立つことができるという意味です。

相場の世界では「ニュースで買って事実で売る」という言葉もある通り、みんなが動いたときにはもう遅いということが往々にしてあります。インターネットが普及した今ではそれよりもっと早く「ニュースで売る(みんなが気づいたときにはもう遅い)」というくらいです。

そういう時代ですから、企業が好決算を発表したら株価が下がるという現象が頻繁に起きます。好決算が発表されて買った人が「どうして?」と感じてしまうのは、「ニュースで売る」という現象にぶち当たっているためです。

また、株価が上がる時には、「仕手」と言って急にビョンと上がるものもありますが、通常は、急騰が始まる前にみんなが気づかないペースでじわじわと上がっていきます。そのじわじわの最初のところで買った人が大きな利益を上げます。また、売る時も下がる前にいち早く売った人が有利に展開します。値が下がる時には上がるときよりも急激に下がります。そうしたことをこの格言が教えてくれています。

 

 

4.幸運の女神がノックしたら、すぐにドアを開け

チャンスを逃すなという意味の格言です。欧米では、誰でも一生のうちに何度かは幸運の女神が訪れると信じられています。けれど、幸運の女神は逃げ足が速く、すぐにつかまえなければいなくなってしまいます。そういうことから「幸運の女神の前髪を掴め」とも言われます。幸運の女神が現れたら前髪を掴んでしまうくらいに、とっさに素早く掴まなければならないということです。投資でも、大きなチャンスはそうそう訪れるものではありません。ですから、訪れたときにはガツッと掴むという心づもりをしておくことが大切です。

大きなチャンスとは具体的どういうことかというと、リーマンショック後の暴落しきった頃に買いを入れるようなことです。反対に株価がどんどん上がって世間が景気良さそうな話題になってきたころに買いを入れると、うまくいけば短期間のうちにそこそこ儲けることはできるかもしれませんが、買った直後に暴落してしまうリスクもあり、暴落時の損失は、リーマンショックの時の日経平均の急激な落ち方を見ればおわかりのことと思います。

 

5.機会は誰にでもやってくる。だがその機会を掴むことができるのはごく一握りの人達だ

これは、ウォール街での相場格言です。相場は人によって異なるものではありません。みんなが等しく同じもの、同じ現象を見ています。ですから誰にでも平等にチャンスがあります。

そのチャンスを活かせるか活かせないかは、日頃の勉強や研究や検討にかかっています。そして一握りの人しか掴めないということは、それだけ尋常ならざる努力が必要だということを言っているのではないでしょうか。

6.君子豹変す

最後にこの格言をご紹介します。

君子豹変す。君子とは、人格や教養に優れた人のことです。君子豹変すとは、人格や教養に優れた人物は、間違ったと思えばすぐに過ちを改め、意見や態度ガラリと変わるという意味です。

私たちは自分が間違っていることをなかなか認めたくありませんし、認めないということは過ちを改めることができないため、そのぶん沢山の失敗をします。

この姿勢が投資にも影響します。予測が外れたときに、自分の予測やその過程が何か間違っていたとは考えずに「相場がおかしい」というふうに考えてしまいがちです。

予測が外れたときに感情的にならず、冷静に自分の検討してきたことをチェックし直してみる、また検討法そのものが間違っていないかを勉強してみる、そして間違いに気付いたら速攻で改めるという、どこまでも冷静でクールな姿勢が大切です。この格言はそのことを教えてくれています。

 

 

 

人気記事