投資で勝つヒント 損する確率の高いトレーダーの特徴

トレードで儲けるための勉強は沢山してきたのに思うように儲けることができないという方も多いのではないでしょうか。その理由は、儲ける方法を追い求めるだけで「損する原因」を分かっていないからかも知れません。

そこで今回は、損するトレーダーの原因を取り上げました。

前回記事の相場で儲けるトレーダーにはどんな特徴があるのかと併せて検討してみることで、勝率を上げるヒントが見つかるかも知れません。

 

1.市場を理解していない

市場に影響を与えるものは、1つではありません。株式市場であれば銘柄、FXであれば為替の値動きだけを理解していればいいというものではありません。市場に影響を与える様々な事柄を見極めた上で判断する必要があります。「木を見て森を見ず」ということわざがあるように、木を見る力があっても森を見ることができなければ思うように利益をあげることはできません。森を見るためには市場を取り巻く環境を理解していなければなりません。森を見る力と木を見る力の両方が揃ってはじめて安定した利益を上げることに繋がります。

 

2.ホームランを狙う

ホームラン銘柄というのは、狙ってとるようなものではありません。ホームラン銘柄を取ろうと思うと、銘柄を選択する時にバイアスがかかるため、リスクの高い銘柄に目が行くようになります。また、ホームラン銘柄を狙っているという意識から損切のラインを甘く設定してしまいがちになります。

 

3.リスクを取り過ぎる

損切のラインを深く設定しておくと、損切る回数は少なくすむかもしれません。そのかわり、損失額は大きくなります。大きな損が出るということは、そもそもの選択・検討、そのトレードを決定した時の土台になっている調査が不充分だったことを意味しています。選んだ銘柄が間違いだったり、手掛けるタイミングを間違っているのにそれを持ち続けることになります。ミスをそのままにして持ち続けると、そこに充てている資金は目減りをしていくうえに他のチャンスへ充てることもできません。

 

4.オーバートレードする

多くのトレーダーが陥りやすいのはこのオーバートレードです。トレードのやり過ぎは森の存在を忘れさせます。森が変化してAランクの銘柄が見当たらないのに無理にBランクCランクの銘柄でトレードに走ったり、ルールを微妙に変化させてまで続けようとしたり、そのルールを変えていることにさえ気づかなかったりというようなことが起こります。

投資には、「買う」「売る」のほかに「休む」があり、休んでいる間も稼げるということを忘れないことが大切です。市場の雲行きが怪しいときには一旦引いて休む。休んでいる間に心と知識のおさらいをして次なるチャンスに備えます。森の変化を利用してビギナーズラックを自ら作り続けることも儲ける手法の一つです。

 

5.とびつく、追いかける

自分で決めたトレードのルールを無視して「とびつく」、「追いかける」などの行動をしてしまうと、ルール関係なしの行き当たりばったりのバクチに突入してしまいます。ギャンブルをしているのか、ビジネスとして利益を積み上げていきたいのかをもう一度確認してみる必要がありそうです。

 

 

6.意地になって固執する

検討したことが外れてしまった場合、それは検討の過程でどこかミスをしているのが原因です。ところが、結果が予測に反して裏目に出ていることへの苛立ちや間違っているはずがないという思い込みによって、「市場のほうが間違っている」と考えてしまう場合があります。ミスを認めるのは苦痛を伴います。けれどそれをする必要があるのが投資ですし、それをきちんとやっていくと、ミスがだんだん減って儲けるトレーダーに近づいていきます。

 

7.感情をコントロールできない

トレードにおいて最も取り扱いが難しいのが「感情」ではないでしょうか。相場に参戦する人の多くが「感情はやっかい」とわかっていながらそれに振り回されてしまいます。

感情のコントロールが難しいのであればなおのこと、トレードを始める前にルールを決めておく必要があります。儲けられる手法を研究検討し、それが確かに儲けられる手法であるかを過去のデータを使ってシミュレーション(バックテスト)をします。そしてトレードにおけるルール決めを行い、そのルールに従って感情を交えずに機械的に売買をしていきます。ミスが出たら感情的にならずに原因と改善法を検証しさらなるトレード手法の向上を目指して修正を加えていきます。このように、感情に振り回されてエネルギーを疲弊するよりも、より良い手法を構築していくことにエネルギーを使ったほうが建設的ではないでしょうか。

 

8.ニュースを正しく理解しない

ニュースを正しく理解するには、ニュースの表面だけを単に聞いているだけではダメです。それによってどんなところにどのような影響が出そうか、また、そのニュースの背景にあるものなどをきちんと理解する必要があります。情報社会の現代において、ニュースの中には歪曲されたものやフェイクが数多く含まれています。情報を正しく見分けられなければ、嘘のニュースに踊らされて損失を被ることになります。

 

9.損失を放置する

損切は心の痛みとお金の痛みを伴います。ですからロスカットになかなか踏み切れないという人が多くいます。ですが下がっていく銘柄を持ち続けると資金が目減りするうえにそこに資金が釘付けになり身動きも取りにくくなります。

またルール通りに損切を実行してもそのミスの原因を検証しないままにしておくと、同じようなミスを繰り返すことになります。それでは損失を放置していることと何ら変わりません。損切ルールと原因の追究、この2つをきちんとやっていくことで、損を減らし結果として利益を増やしていくことに繋がります。

 

10.利食いを急ぐ

「損切は遅く、利食いは早く」これだと儲けられません。株価が天井を打って急落している時には急いで売り抜けるという場合もありますが、上昇トレンドの最初のほうで利益確定を急いでしまうと、その後の高騰場面を取り逃すことになります。利食いを急ぐ局面なのか、じっくり利幅を取っていく局面なのかを見極めることが大切です。

 

 

人気記事