儲ける投資 トレードで失敗する前に知っておきたい5つの名言

投資を始めようと思うきっかけは人それぞれいろいろありますよね。

将来に備えたい、お給料のほかに収入源が欲しい、子供の学費を稼ぎたい、会社を立ち上げる資金にしたいなどの具体的な目標を持って始める場合もあるでしょうし、株価が上がったニュースを聞いて興味が湧いた、友人や知人が株やFXで儲けた話を聞いた、など、目標とは別に関心を持つきっかけがあったという人も多いと思います。

 

投資家は例外なく誰でも儲けたいと思っています。ところが相場の世界で儲けるためには、儲ける方法以上に損失との向き合い方が重要になってきます。優秀な名トレーダーでさえもそうなのですから、私たちは彼らの言葉を真剣に受け止める必要があります。それによって痛手を抑える方法を知り、そこに利益が積み上がっていきます。

これからご紹介するのは、そんな名トレーダー5人の失敗(損失)への向き合い方に関する名言です。

 

1.常に最悪のケースとするポイントを決めておくべきだ

何かを始めるとき、人は目標達成にばかり目が向いています。ダメだったときの対処までは考えません。特にアスリートの皆さんはそうですよね。目標に全力を向けていかないと他の選手を上回ることは難しいです。ところが、こと投資においてはそうはいきません。予測はしょっちゅう外れる世界です。予測通りにいくほうが少ないということを踏まえて投資ルールを決めていく必要があります。また、いつなんどき大暴落を起こすニュースが飛び込んでくるかもわかりません。

相場で成功するには、目標を達成するための方法(儲ける手法)と、撤退ポイント(損切のルール)を明確にしておくことが大切です。

2.トレードで最も重要なルールは、巧みな攻撃ではなく巧みな防御だ

この言葉は、勝ち方以上に負け方が重要だということを言っていますが、もう一つ、資金配分という意味も込められています。投資をする際にはけして全力で行ってはいけないということです。巧みな攻撃力(勝ち方)を持っていれば、ついつい防御を忘れてしまいがちになります。そんなときは要注意です。投資をしていると、自分の予測を「間違いない」と確信してしまうようなことがあります。そんなときには欲が膨らんで資金の多くをつぎ込みたくなります。それでも、絶対はないのが相場ですから、間違いないということはあり得ません。さらにまずいことに間違いないと思っている時ほど、間違いであることが多いです。

3.リスク管理の方法は、統計的にはほとんど起こりえない状況に対応することだ。なぜならそれは起こりうるから

何が起こるか分からないのがこの世の中です。銘柄の検討やチャートの塩梅などを見るときにはデータや企業の成長性を見るわけですから、そこから導き出されるものは「何も起こらなければ」という前提のもとに成り立っています。

繰り返しますが、「何も起こらなければ」という前提で見ているということを、しっかりと認識しておく必要があります。何かが起こったときに対応できるようにしておくことが大切です。

 

4.リスクを甘く見て破滅していった人たちを数多く見た。リスクをしっかり見極めないと必ず失敗する

リスク管理のルールを決めないまま投資をしていくと、予測に反した動きになったときに、「まだ大丈夫」と考えて、ずるずると痛手を拡げてしまうというようなことが起こります。「予測は間違っていないはず」という思いと、「もう反騰するだろう」という希望的観測が傍観の後押しをします。

損失が出た時の売り(損切)は心理的に大変難しいものがあります。これを解決するには、前もってルールを決めておくのが一番です。立ち直りがきくラインをあらかじめ決めておきましょう。

5.トレードもほかの仕事も同じ。一生懸命働き、時間と努力を注ぎ込めは、ツキはまわってくるものです

失敗の可能性に関する話ばかりが続きましたので、最後は少し元気が出る名言で締めくくりたいと思います。

「どんな事も、懸命に努力すればやがてツキがやってくる。」

 

どんな仕事でもそうですが、簡単な仕事ってないんだろうなと思いますし、それが楽しくなってくるほど頑張れた人にツキも巡ってくるのかなと思います。名言の主、トム・ボールウィンは、1年経たないうちに億万長者になったトレーダーで、リスクに挑戦するタイプのトレーダーのようですが、そのぶん尋常ではない努力を注ぎ込んだことが、この言葉からもうかがえます。

 

人気記事